皆が幸せになるために

離婚をするのは何のためでしょう。人それぞれの理由があるでしょうが、離婚した方が親それぞれが幸せになれると言ったことでしょう。それは本当に親の勝手です。自分たちが幸せになれれば、それで良いというものではないでしょう。傷付いてしまうのは子供達ですから、一番に子供の気持ちを考えましょう。

では、どうしたら皆が幸せになれるのでしょうか。1番大切な子供の気持ちを中心に考えてみましょう。

子供は親によって幸せが限られてしまいます。ですから、親が離婚となると一番の犠牲者は子供でしょう。子供がこれ以上、傷つかないように周囲の大人たちは考えなければいけません。適切な話し合いで親権者を決め、親権者でない親も子供と面会する権利はありますから、時々会って子供の成長を見守るようにしましょう。子供も親権者でない親に会うのを楽しみにするでしょう。久しぶりに会うと子供の成長をものすごく感じるものです。「大きくなったね。」と言って抱きしめてあげましょう。

皆が満足できるということは難しいのですが、できるだけの努力はすべきでしょう。その努力はいつかきっと子供がわかってくれるでしょう。離婚という一家離散の措置は残念ですが、なるべく子供に悪い印象を与えないように、今後トラウマにならないように大人が守ってあげましょう。子供の幸せは親の努力で決まります。子供の笑顔は親次第です。

弁護士に相談しよう

離婚においての親権問題は後々までに影響を及ぼすものですから、弁護士に相談して早めに解決するようにしましょう。

こういった問題は個人的な感情で左右されますから、当人同士では出来ないことです。ですから、弁護士の出番なのです。弁護士は法律のプロですから、法律上決まっていることを念頭により良い方向に話を進められるでしょう。時には、感情抜きで事実のみを先行して考えなければ一向に今後についての話は発展しません。この時に決めておくことは親権と監護権、養育費、離婚後の氏と戸籍、面会交渉権が挙げられます。どれも子供の生活のために大切なことばかりです。離婚は親の勝手ですから、子供に少しでも悪い影響をおよぼさないように離婚のための協議は必要なのです。子供が幸せになるためにはどの方法が良いか、この協議で話し合われます。

離婚においてよくもめる問題は親権でしょう。話し合いで解決できないとなると、親権者の指定を求める調停を家庭裁判所に申し立てることになります。そうしますと、裁判所での調停の話し合いを経て親権者を決めることになるでしょう。子供が未成年であれば、離婚届には親権者の書く欄がありますから、親権者が決まらないと離婚できないという事になります。それだけ、子供は大事だということです。守ってくれる人がいないと子供は生きていけません。親の勝手のために子供が不幸にならないよう、法律を味方にして子供の権利を守りましょう。

親権問題

親が離婚しますと、子供の親権が問題になることが多い昨今です。この問題について、掘り下げて考えてみましょう。

親権とは未成年の子供を監護、養育、財産管理、その子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことです。言うならば、親としての権利と義務ということでしょうか。本来ならば、その子供の両親が担う権利と義務ですが、離婚となると二人は夫婦ではなくなるわけですから、どちらかが親権を取って子供を育てると言うことになります。協議上の離婚の場合は協議で決めますが、裁判上の離婚の場合は裁判所が決めます。

子の親権をどちらが担うかということは大きな問題です。特に子供が未成年であれば、育てられる環境にあるか、愛情はあるか等、厳しいチェックがあります。これは子供にとって辛いことです。いきなり、両親が別れ、自分はどちらかといっしょに住むことになりどうなるかわからない、そして親がそのことでもめているとなると、子供はものすごく傷付いてしまうでしょう。子供は両親のどちらかを決めなければならない等余りにも残酷なことです。離婚がなくならない限り、親権争いは世の中から消えません。

この親権問題がやがて、子供の虐待等につながらないよう、地方自治体でもあらゆる対策がなされています。

離婚とは

離婚とはよく聞く言葉です。その字のとおり、結婚生活を解消するということでしょうが、どんな定義付けがあるのでしょうか。

離婚とは婚姻関係にある生存中の当事者同士が有効に成立した婚姻を何らかの事情によって解消することを言うそうです。その事情、つまり離婚の原因ですが、人それぞれです。考えられるものとしましては浮気があります。これは男性にとっても女性にとっても良い気持ちのものではありませんから、これ以上は一緒にいられないと言う結論になったのでしょう。また、経済的な問題もあるでしょうし、嫁姑関係のような家の問題、性格の不一致、国際結婚であれば、生活習慣の違いから生じる心のずれもあるでしょう。

こういった問題は当事者同士のものですから、2人が納得して離婚となるならば、仕方のないことです。ただ、ここで問題になるのは子供がいる場合です。親権をどうするかは、後々までもめることが多いようです。こうなりますと、一番の被害者は子供ですから、心を傷つけないようにうまくおさめたいものです。こういったことは大人になってからも心の傷として引きずってしまう可能性があるからです。しかし、そうは言いましても、お互いが主張し合うようになれば事態は泥沼化してしまいます。丸くおさめるには第三者の介入が望まれるでしょう。

当サイトは第三者としての弁護士について取り上げます。離婚における親権問題にはどのようなものがあるか、弁護士に相談するメリット、皆が幸せになるためにはどうしたら良いかをご説明致します。ご参考になさってください。