親権問題

親が離婚しますと、子供の親権が問題になることが多い昨今です。この問題について、掘り下げて考えてみましょう。

親権とは未成年の子供を監護、養育、財産管理、その子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことです。言うならば、親としての権利と義務ということでしょうか。本来ならば、その子供の両親が担う権利と義務ですが、離婚となると二人は夫婦ではなくなるわけですから、どちらかが親権を取って子供を育てると言うことになります。協議上の離婚の場合は協議で決めますが、裁判上の離婚の場合は裁判所が決めます。

子の親権をどちらが担うかということは大きな問題です。特に子供が未成年であれば、育てられる環境にあるか、愛情はあるか等、厳しいチェックがあります。これは子供にとって辛いことです。いきなり、両親が別れ、自分はどちらかといっしょに住むことになりどうなるかわからない、そして親がそのことでもめているとなると、子供はものすごく傷付いてしまうでしょう。子供は両親のどちらかを決めなければならない等余りにも残酷なことです。離婚がなくならない限り、親権争いは世の中から消えません。

この親権問題がやがて、子供の虐待等につながらないよう、地方自治体でもあらゆる対策がなされています。