離婚とは

離婚とはよく聞く言葉です。その字のとおり、結婚生活を解消するということでしょうが、どんな定義付けがあるのでしょうか。

離婚とは婚姻関係にある生存中の当事者同士が有効に成立した婚姻を何らかの事情によって解消することを言うそうです。その事情、つまり離婚の原因ですが、人それぞれです。考えられるものとしましては浮気があります。これは男性にとっても女性にとっても良い気持ちのものではありませんから、これ以上は一緒にいられないと言う結論になったのでしょう。また、経済的な問題もあるでしょうし、嫁姑関係のような家の問題、性格の不一致、国際結婚であれば、生活習慣の違いから生じる心のずれもあるでしょう。

こういった問題は当事者同士のものですから、2人が納得して離婚となるならば、仕方のないことです。ただ、ここで問題になるのは子供がいる場合です。親権をどうするかは、後々までもめることが多いようです。こうなりますと、一番の被害者は子供ですから、心を傷つけないようにうまくおさめたいものです。こういったことは大人になってからも心の傷として引きずってしまう可能性があるからです。しかし、そうは言いましても、お互いが主張し合うようになれば事態は泥沼化してしまいます。丸くおさめるには第三者の介入が望まれるでしょう。

当サイトは第三者としての弁護士について取り上げます。離婚における親権問題にはどのようなものがあるか、弁護士に相談するメリット、皆が幸せになるためにはどうしたら良いかをご説明致します。ご参考になさってください。