皆が幸せになるために

離婚をするのは何のためでしょう。人それぞれの理由があるでしょうが、離婚した方が親それぞれが幸せになれると言ったことでしょう。それは本当に親の勝手です。自分たちが幸せになれれば、それで良いというものではないでしょう。傷付いてしまうのは子供達ですから、一番に子供の気持ちを考えましょう。

では、どうしたら皆が幸せになれるのでしょうか。1番大切な子供の気持ちを中心に考えてみましょう。

子供は親によって幸せが限られてしまいます。ですから、親が離婚となると一番の犠牲者は子供でしょう。子供がこれ以上、傷つかないように周囲の大人たちは考えなければいけません。適切な話し合いで親権者を決め、親権者でない親も子供と面会する権利はありますから、時々会って子供の成長を見守るようにしましょう。子供も親権者でない親に会うのを楽しみにするでしょう。久しぶりに会うと子供の成長をものすごく感じるものです。「大きくなったね。」と言って抱きしめてあげましょう。

皆が満足できるということは難しいのですが、できるだけの努力はすべきでしょう。その努力はいつかきっと子供がわかってくれるでしょう。離婚という一家離散の措置は残念ですが、なるべく子供に悪い印象を与えないように、今後トラウマにならないように大人が守ってあげましょう。子供の幸せは親の努力で決まります。子供の笑顔は親次第です。